人気ブログランキング |

土佐和紙壁紙の施工

現在壁紙というとビニールクロスが主流ですが、今日は土佐和紙という坂本龍馬の故郷高知県産の和紙の施工を致しました。

和紙の特徴としましては植物繊維ならではの自然な風合い、繊維の絡み方による表面の凹凸がとてもいい感じです。

ビニールクロスは時間が経てばただ汚れていくだけなんですが、和紙は時間が経つほどに風合いが良くなっていくのが魅力です。無垢の床材なんかがそんな感じですよね。

a0293019_04578.jpg
a0293019_041755.jpg
a0293019_042723.jpg
a0293019_043930.jpg


通常のクロス施工は継ぎ目は付き付け施工ですが、和紙に関しては10~15mmくらい重ねて施工します。
重ね部分分かります?
(和紙は調湿性が高い為縮みが大きい場合があるので。)
重ね部分は見た目で分かりますが、その方が和紙らしい風合いが出ます。

たまにこういう変わった材料を施工するとやりがいがあって楽しいものです。

by interior_assist | 2013-12-03 00:11 | 壁紙の施工