商工会青年部全国大会

10日11日と仕事をちょっとお休みして年1回のイベントに行ってきました。商工会青年部全国大会です。この中で同じ部に所属しているコーヒー焙煎の商いをしている青柳君の商品PRのお手伝いをしてきました。あとは全国からPRしにきている商品・物産のチェックですね。

a0293019_13550051.jpg
a0293019_13565519.jpg
今回の参加部員は延べ11名でした。全国から商人が集まってくるのでみんないい刺激を受けたようです。

我がブースも多くの来場者に来て頂き初日で完売!もっと用意しとけば良かったねぇ...

a0293019_14064925.jpg
晩の懇親会の模様です。3500人も集まると探すのが大変です。こういう時オリジナルジャンパーを着てると何故か安心します。すぐに見つかるので

a0293019_13565889.jpg
来年の会場は震災復興5年を迎える福島です。復興が進んでいるところ、全く進んでいないところをこの目でしっかり確かめてきたいと思います。


[PR]

by interior_assist | 2015-11-13 14:11 | 商工会青年部

カーペットは人にリラックスを与える

以下 日本カーペット工業組合よりの抜粋記事です。
 三重大学大学院医学系研究科が行った今回の実験検証は、室内で使われる代表的な床材、カーペットとフローリングを用い、被験者(男女42人)が各床材を10分間歩行した時のリラックス度を、脳波計と皮膚インピーダンス計で客観的に測定し、それらを解析・比較検討するというもの。
 検証では、脳波計を使い、リラックスした状態で多く発生するα波の含有率を測定すると、42人中32人がフローリングよりもカーペット上を歩いた時の方が、α波の含有率が多いという結果となった。一方、緊張した状態で多く発生するβ波の含有率を測定すると、カーペット上を歩いた直後の方が含有率が多かったのは、42人中14人だった。
 また、皮膚インピーダンス値(手のひらの発汗量)については、42人中32人がカーペットを歩くときの方が値は大きい、すなわち手のひらの汗量が少なく、リラックスしている状態という結果となった。いずれの実験も、有意差検定では有意に「カーペットは人にリラックスを与える」というものだった。
 さらに心理テスト(SD法)も行い、カーペットはフローリングに比べて「穏やかな」、「疲れを感じない」、「落ち着いた」などと感じる人が多く、心理的な面においてもカーペットのリラックス効果が示された。
[PR]

by interior_assist | 2015-11-11 22:58 | カーペット