人気ブログランキング |

ドイツのエコ壁紙 ”オガファーザー”

みなさん、こんばんは。

日中はだいぶ過ごしやすくなってきましたが朝晩はかなり冷えてきました。ようやく秋に差し掛かってきたかなという感じがします。

今日はオガファーザーという壁紙をご紹介したいと思います。

ドイツ生まれのオガファーザーは厳選された再生紙と木材チップ(間伐材木片)を使用したエコ壁紙 です。

そして貼ったうえから呼吸する透湿性水性自然塗料『デュブロン』を塗ります。オガファーザーの壁紙とデュブ

ロンが吸湿と放湿を繰り返し、快適な健康空間を演出します。その他の特徴としましては


●一度貼れば生涯張替え不要!汚れたら何度でも塗り替え出来ます
●自然塗料デュブロンで仕上げると、漆喰のような仕上がりになります。
●健康を害する有害物質を一切含みません。
●木や紙を燃やすのと同じで、残材を燃やしても有毒ガスは一切出ません
●建築バイオロジー国際機構に合格した最高級エコロジー品質。

輸入壁紙全般に言える事ですが、輸入物は基本的に幅が狭い物ばかりです。75センチ幅だったり52センチ

だったり。ちなみに国産物は92センチ~100センチあります。

なぜ輸入物壁紙は幅が狭いかといいますと欧米の方々はたいてい自分でペンキ塗ったり、壁紙貼るんですよ

ね。だから素人でも扱いやすいように幅が狭いんです。

国内では器用な方は自分で貼られる方も見えますが、たいていの方は業者にやってもらいますよね。

日本では木造建築の場合、尺モジュールが多いですから、そうしたニーズに合わせて国産は幅が広いんだと

思います。

仕上がり具合は塗料を吹き付けたような感じです。間接照明とかで照らすとエンボス具合がまた違った風合

いに見えて高級感が出ます。ただこの壁紙はかなり薄いので張り替えはお薦め出来ません。

仕上がり具合の画像です。

a0293019_22583142.jpg

by interior_assist | 2012-10-15 22:59 | 壁紙の施工